フランスNo.1ジェモセラピー研究所来日イベント

フランス研究所来日トークショーのお知らせ

なぜ「ジェモセラピー」が世界中で医師が処方したり、薬局で販売され始めてきているのか?

今回はジェモセラピーが確立されたフランスで、最大の生産者であるエルビオリスの方々が来日し、フランスでの実践的なジェモセラピーの魅力や臨床ケースなど植物療法の魅力を植物療法士の方々から直接たっぷり聞ける3時間のセミナーをご用意しました!

本場フランスの新しいハーブ療法「ジェモセラピー」を学びませんか?

エルビオリス研究所とは?

新しいハーブ療法ジェモセラピーの確立された本場の知識や臨床ケースを直接聞き、自分のお仕事や家庭でのセルフケアに役立てられます。

他業種との差別化を図りたいあなたへ

お仕事で自然療法を取り入れている方には注目の情報です。

「ジェモセラピー」はホメオパシー、フラワーエッセンス、フィトセラピーなどとは異なる、まったく新しいハーブ療法です。

  • 手軽なセルフケアメニューを取り入れたい
  • 細胞レベルでエイジングケアしたい

とお考えの方にぴったりの内容です。

 

ジェモセラピーの魅力

人は、いつでも「本来のじぶん」に戻れます。

ジェモセラピーは、植物の成長のもとである「新芽(つぼみ)」に含まれる「植物幹細胞」のエキスを、自然な状態で一滴一滴ていねいに抽出。その成分とエネルギーを手軽に採れるようにしたフランス生まれの”新しい自然療法”です。

30年以上の薬草研究で知られたフランスの「エルビオリスブランド」は、そのジェモセラピーにおいて、厳しい基準をクリアしたフランス政府が認可する製品。

圧倒的な製品の質と、持続可能な地球をめざす姿勢が評価され、現在は、ヨーロッパ圏内の450以上のオーガニックショップが取り扱うほか、医師が治療的に用いることもあるというブランドへと成長しています。

この植物の新鮮な成分と新芽のエネルギーはどう採ればよいのでしょう。

グラスに用意したお水に、自分の状態に合わせたジェモセラピーエキスを朝晩15滴ずつ垂らして「飲む」だけ。ただ、それだけです。

まずは3日間、そして1週2週と、爽やかな澄んだ味を楽しんでみてください。

そして、ご自分の「心やからだ」にどんな変化が現れるのか観察してみてください。きっと植物幹細胞の力に驚くあなたが居るはずです。

人は、きっかけさえあれば、いつでも「本来のじぶん」に戻る力があります。

ジェモセラピーブランド「エルビオリス」は、それを信じています。

 

詳細

当日の概要は以下の通りです。
■日時:2019年5月12日(日)
■時間:13:00~16:00
■場所:銀座

※場所の詳細はお申し込み後改めてお知らせ致します。また、人数により変更の可能性がございますのでご了承くださいませ。
■費用:12,000円

デタントリスレスキュー(6800円相当)プレゼント!
■定員:15名

メインスピーカーのプロフィール

日本ジェモセラピーカレッジ提携先:

エルビオリス研究所 代表
Benoît Articlaux ブノア・アルティクロウ氏

フランスの南東に位置するアカンティス研究所の共同経営者の一人で、HERBIOLYSの製造の管理を行っている。フランス各地で医師や薬剤師向けにセミナーも開催している。


フランス語原文テキスト作成者、自然療法士、エラボリスト
Céline Bouyssonie セリーヌ・ブイッソニ氏

薬草薬局に従事していた頃ジェモセラピーの魅力に惹かれ、そこでの臨床経験からエルビオリス研究所に開設されたセラピールームにおいて、多くの方に向けてハーブの提案や食事指導などのコンサルテーションを行う。日本ジェモセラピーカレッジのテキスト教材の作成と講師の教育に携わっている。

お申し込み

お手数ですがこちらのリンクよりお申し込みくださいませ。

スタッフ一同皆様のご参加を楽しみにしております。

 

<その他お問合せ>

TEL: 03-6885-2050

メール:info@gemmo-therapy.jp

URL http://gemmo-therapy.jp/

受講生の声