GAJ日本ジェモセラピー協会のホームページへようこそ

ジェモセラピーカレッジ 第1期6月生募集中!

一般社団法人GAJ日本ジェモセラピー協会は、2011年より「植物幹細胞療法」であるジェモセラピーを沢山の方に知っていただくために、活動しています。

ジェモセラピーは、1950年よりベルギーのポール・ヘンリー医師が、植物の成長エネルギーの宝庫である新芽や蕾について研究を始め、1970年代に一つの療法として確立された植物療法(ハーブ療法)です。 現在、ヨーロッパでは薬局で購入できるほどに普及しており、東欧のルーマニアでは医師が処方しています。

2016年4月には、フランスのHerbiolys社監修のジェモセラピーカレッジが開講し、GAJ認定ジェモセラピストの養成をしております。

ジェモセラピー協会はフランスのHerbiolys(エルビオリス)社と提携しております。

Herbiolys研究所は、ジェモセラピーを確立したポール・ヘンリー医師が設立したボワラン研究所の研究者であったジェラルド・ドゥゼル博士が設立いたしました。

ABマーク

Herbiolys社のジェモレメディは、全ての工程で無農薬・有機栽培で育てられた植物を使用しており、フランス政府の厳しい基準をクリアしたABマークの認可を受けている製品です。 ABマークとは「Agriculture Biologique」の略で、フランス政府の厳しい基準をクリアした、栽培から商品加工にいたる全ての工程で、添加物などを一切含まない製品にのみ使用することが許されています。


Herbiolys社からのメッセージ

情熱溢れる植物学者、ハーバリスト、そして民族植物学者は、フランス山脈(中央高地・ピレネー山脈・アルプス山脈・ジュラ山脈)周辺で、過去何年にも渡り研究を進め、お客様へ最高品質のジェモエッセンスを提供できるように努めてきました。

これらの野生の薬用植物は、汚染源より遥か離れた保護区域にて採取されています。 これらの植物は農学メゾッドに基づいて育成されています。 化学製品の使用はなく、化学汚染の可能性のある産業区域から外れています。 私たちは、より品質のよい製品を提供するために、さらなる研究を続けています。

最新情報

このページの先頭へ