HOME

ジェモセラピーとは −つぼみ療法

ジェモセラピー( Gemmothérapie)はラテン語の”芽(蕾)や宝石、宝物“という単語” gemma “が語 源になっています。ギリシャ語の therapeia「健康に気をつける、養生する、治療をする」とい うような意味の therapévo が言葉の由来です。という事からジェモセラピーという言葉は、「芽 (蕾)+療法」この二つの単語が合わさり出来たものとなります。

1950年よりベルギーのポール・ヘンリー医師が、植物の成長エネルギーの宝庫である新芽や蕾について研究を始め、1970年代に一つの療法として確立された植物療法(ハーブ療法)です。 現在、ヨーロッパでは医師が処方していたり、薬局で購入できたりするほど普及しています。

 

日本ジェモセラピーカレッジで学ぶメリット

1 本場フランスジェモセラピー研究所と提携のカレッジの充実したカリキュラム

フランスで最大のジェモセラピー研究所Acanthisと提携し、ジェモセラピーの本場フランスでの経験豊富な植物博士や植物療法士の知識や臨床が盛り込まれたテキストで実践的に学びます。

2 ABマーク取得のジェモレメディの取り扱い独占販売代理店として

世界的にも厳しいオーガニック基準をクリアし、最高品質のジェモセラピーレメディを試飲し、体感していただき、ジェモレメディの取り扱い代理店となることができます。

3 フランスジェモセラピー研究所と日本ジェモセラピー協会の認定資格として、修了証の発行

フランスAcanthis研究所CEOであるブノアアルティクロー氏と、ジェモセラピー協会代表の盛山葉子のサイン入りの修了書を発行しています。

4 講座終了後も充実した研修制度

ジェモセラピーは近年注目され現在でも研究されているため、新情報をお届けできるように毎月ジェモセラピスト向け勉強会を開催しています。セラピスト同士の臨床の共有と交流の時間になります。

5 フランス研修制度

ジェモセラピスト向けブラッシュアップ研修として2019年3月よりフランス研究所にてジェモセラピー研修を予定しています。植物博士や植物療法士たちに直接学び、一緒にジェモセラピーの実践をします。

ジェモセラピー協会が取り扱うジェモレメディは自然に敬意を払い大地に感謝をし植物を採取して作られています。その作り手の思いが直接聞くことができる最も重要なモジュールです。

 

GAJ日本ジェモセラピーカレッジのご案内

ジェモセラピーカレッジ 第3期生募集中!

ジェモセラピーカレッジではフランスのHerbiolys社と提携しGAJ認定ジェモセラピストの養成の講座を開講しております。現在第3期生の募集中です。

1day講座講座無料説明会

第3期生募集

 

ジェモレメディご希望の方へ

日本ジェモセラピー協会はフランスのジェモセラピーのエルビオリスブランドの独占販売代理店です。このレメディは各セラピストから正式に購入できます。ご希望の方は直接各セラピストの方々へのお問い合わせ先などは協会にお問い合わせくださいませ。

ジェモセラピスト


受講生の声