メインコンテンツにスキップする

Herborist

認定校・エルボリスト紹介

イラスト画像

看護師 片野千重 Chie Katano

日本ジェモセラピーカレッジ埼玉校

①自己紹介
片野ちえです。看護師をしながらジェモセラピストとして活動しております。

②ジェモセラピーとの出会い
私がジェモセラピーと出会ったのは、1年前の2016年7月でした。体質改善の教室に参加した際、偶然盛山代表と会い、その日ジェモを初めて飲みました。

③1番最初に飲んだジェモレメディ
「デタントリス」です。

④飲み始めてからの変化 飲んだすぐ後に「やっと息が吸えた…」と感じました。長い間、ストレスからくる体調不良と気分の憂鬱さに悩まされてはいましたが、半年以上前から息苦しさが出ていました。深呼吸しても吸い足りないような…いつも呼吸が浅い感じでした。ずっと通っていたスイミングも苦しくて25m泳げなくなってしまいほとんど行けない状態でしたが、「デタントリス」を飲み始めて1週間で楽になり、スイミングに行けるようになりました。

それから、不思議な感覚ですが、思考や感情が変わりました。「デタントリス」を飲むまでは、嫌な出来事を知らず知らずのうちに思い出してその嫌なことが頭の隅から離れず、ずっと前にあった出来事なのに嫌な気分になったり心臓がドキドキしたりしていました。
でも、飲み始めてから思い出す回数がまず減りました。そして段々と楽しいことをしていると思い出さなくなっていきました。なかなか自分の力ではできなかったことなので、これは驚きました。

あと、イライラする感情もなくなりました。些細なことで心の中はいつもイライラしてましたが、(まあ、こんな人もいるよね~)とか、(仕方ないか…)などと思えるようになりました。勝手に自分でルールを決めて、そこから逸脱するとイラっとして自分で自分を苦しめてた所があったのですが、いろんな場面での執着が外れた感じです。執着が無くなると気分て楽になると感じました。

⑤ジェモセラピーを学ぼう思った理由
1番は、ストレスに効く飲み物が世の中にあったんだ!!!という衝撃です。
あとは、「ジェモのレメディって何からできていてどんな仕組みになっているんだろう」「どんな植物があるの?」と言う知りたい好奇心です。
そして、今までにない、予防的に使えるすごいものと出会ってしまって、、、これは学ばない理由がない!と直感で感じました。
私は今まで長い間何人もの患者さんと接してきました。こんなにひどくなる前になんとかならないものなのかと思わされる場面も数々あり、常々予防的に使えるものがあったら良いのになと思っていました。こんな画期的なエッセンスがあることに感動でした。

⑥今1番好きなレメディ
「ローズマリー」です。ほぼ毎日お酒を飲むので肝臓のデトックスをしてくれるところも気に入ってますが、
何よりも気分をワクワクさせてくれるのがとても良いです。朝飲んでいつの間にか気分はウキウキです。
悩み事があった時飲んだのですが、あっという間に気分をかえて前向きにしてくれます。

⑦仕事として
今は看護師を副業としてジェモセラピーをメインに活動しています。現在は、ご本人やご家族の相談を受けカウンセリングをし、その方の体調や病状に合ったレメディをお渡ししています。1度使い始めると続ける方がほとんどですが、ただ続けるのではなくお身体のこと心や感情の変化など考慮しながら、その都度その方に1番良いと思われるものをご提案しご本人と一緒に決めるようにしています。
7月からさいたま新都心にあるさいたまメディカルタウンというクリニックビルの中の、レスキュー シエスタというアロマボディセラピーの店舗におります。平日の午後カウンセリングやジェモの販売をしています。また、7月からスクールも開講します。体験会も随時行ってます。

⑧周りの人のエピソード
母はいつも父の介護でイライラしていましたが、寝る前に「ギンヨウボダイジュ」のレメディを飲み始めてから信じられないくらい態度やして接し方が柔らかくなり、今まではきっと怒鳴っていたであろう出来事を笑って過ごしているのに驚きました。
本人に話したら「私はいつもこんな感じだった」とまたまた驚きの発言が、、。
みんな自分ことは見えていないんです。ジェモを飲み始めると自分より周囲のいる人たちの方が気づくことも沢山あります。イライラしなくなった原因の1つによく眠れるようになったことも大きいと思います。睡眠導入剤をいつも飲んでいたのに、今は全く飲んでいません。
あとは、弟のギランバレーが2ヶ月で完治したことです。人工呼吸器をつけ透析まで行うほどの重症で、
後遺症が残ることもあると言われていました。発症したその日のうちに「コモンオルダー」「グレーオルダー」を舌下で与えました。
その後、「コモンオルダー」を「イヌバラ」に変え、斜視があって目があまり見えないので視神経に効果のあるカシスも加えました。半月で自分で歩いて退院し、本人のリハビリ、特に筋トレなどの努力もあり2ヶ月後には職場復帰までしました。
仕事復帰する際も 、先生からこんなに短期間で回復した前例がないので良いとも悪いとも言えないと言われたそうです。現在は具合が悪かったのを忘れてしまうほど元気で、毎日消防士として仕事頑張っています。 父は現在77歳ですが52歳で心筋梗塞と脳梗塞を併発し長いこと右半身不全麻痺の状態です。20年以上麻痺則の足のむくみと手足の冷感に悩まされ続けていました。血行の良くなり下肢のむくみに良いと言う「ヴェイノリス」を1本飲見み終わる頃、足のむくみがかなり無くなり冷感は全く無くなっていました。夏でも厚い靴下を履くくらいだったのに、触ると素足でもポカポカでした。本人はあまり語らない人なんですが、足が軽くなった、目がよく見えてメガネを置き忘れる、手足が温かいから夜よく眠れる、喋りやすいなど話して、顔色も良くなりました。

⑨今後の活動
まず1番は、予防医学的に提供できるよう発信していきたいと思っています。健康年齢の底上げが1番の願いです。みんなが生きている間、心も身体も快適な状態で居られるようお手伝い出来るような立場で活動したいです。更にクオリティーの高い日常を手に入れて頂きたいです。そのためにもジェモセラピストの育成や、身体、心のバランスで悩んでいる方のカウンセリングに関わり1人でも多くの方のお役に立てたらと思います。
現在、さいたま新都心にあるさいたまメディカルタウン内の、レスキューシエスタというアロマボディセラピーのサロンに平日の午後常駐しています。アロマボディセラピストであるオーナーさんが元看護師ということもあり、その方とコラボして行きたいと思っています。
考えているのは、助産師さんやアロマセラピストさんなどと一緒に産後のお母さんと赤ちゃんの教室や、アロマとジェモで看護や介護で心も身体も疲れているプロの方への癒しの教室、介護や看護で疲れているご家族の方への心と身体のバランスの取り方などの教室など。身体に負担になるもの身体が元気になるものなども一緒に伝えて行けたらと思っています。

⑩お問い合わせ
埼玉校 校長:片野千重
〒330-0834
さいたま市大宮区天沼町2-759
さいたまメディカルタウン 2階
rescue siesta内 (14:30~17:30 要予約)
※メールにてご予約ください
gemmo_forest_2017●outlook.jp(●を@に変えて)
イラスト画像

Contact

お問い合わせ

講座についてご不明な点などお気軽に
お問い合わせくださいませ。