ジェモセラピーとは

木の新芽を用いたシンプルでナチュラルな新しいハーブ療法

ジェモセラピーとは

ジェモ(Gemmo)は、 「宝石・宝物」という単語「Gemma」が語源になっているラテン語で「木の新芽」「貴重な石」を意味します。小さな新芽が時には巨木にまで成長する姿に対して、先人たちは宝石と同等の価値を見出していたと考えられます。

ジェモセラピーは、水に希釈したものを経口摂取するシンプルでナチュラルなハーブ療法のため、赤ちゃんからご年配の方、ペットまで使うことができます。

また、ジェモセラピーは、カイロプラクティック・オステオパシー・アロマテラピー・フラワーエッセンス・ホメオパシー・アーユルヴェーダなど他の療法とも相性も良く、併用してご利用いただく方も多くいらっしゃいます。

ジェモセラピーの魅力、今注目の「植物幹細胞療法」

Acanthis-23.05.2014-66

欧米において、薬と認定されていないハーブや漢方薬のことを総称してレメディ(Remedies:救済)と呼んでいます。よって、ジェモセラピーで扱う液体はジェモを扱う為「ジェモレメディ」と呼びます。

ジェモセラピーの歴史は新しく、1950年よりベルギーのポール・ヘンリー医師が、植物の成長エネルギーの宝庫である新芽や蕾について研究を始め、1970年代に一つの療法として確立された植物療法(ハーブ療法)です。少し前まで50種類だったジェモレメディですが、現在では60種類にも増えていて、現在でも進化・研究がされています。

ジェモセラピー最大の特徴、エキスを「飲む」ということ

Acanthis-23.05.2014-87

蕾(つぼみ)や新芽の部分から抽出される「植物幹細胞」は、樹木・樹皮・茎・枝・蕾・花・葉など、様々なものに変わり、形作ることができる細胞です。シベレリンという成長ホルモン、植物ホルモン、ビタミン、酵素、微量元素などが含まれていて、植物の成長のために必要な全てのエネルギーが凝縮されていることが、研究によりわかってきました。その蕾や新芽から抽出したエキスを、経口摂取するのです。

私たちだけでなく、地球上の生物は互いに支え合いながら暮らしています。ジェモセラピーは、世間に売られているサプリメントのように単に摂取することを推奨するのではなく、現代まで脈々と受け継がれてきた歴史を身体に取り込む、という瞑想も同時に行うことを私たちは進めています。